「個性」が輝く!組織力アップの驚愕の手法!

じぶんファクトリー
(一般社団法人組織力診断士協会所属)

あなたの職場は活性化してますか?

こんな時代だからこそ・・・・・

個性の気づきが人を元気にする

「人」は視覚や聴覚などで得られた情報で
勝手に「人」を判断してしまいがちです。

人は相手との個性の違いのギャップから
不満や不安を感じるのです。

じぶんファクトリーの手法は
「個性の見える化」によって
それぞれの個性を最大限に活かす
チーム(組織)作りを目指しています。

「個性の見える化」は
組織の課題や解決法そして、個々の成長や変化までもが可視化出来るのです!

コミュニケーション・人間関係など
「人」との関わり方
誰もが抱える悩み、一人で考えても解決しない!


視点を変えれば、解決できることはたくさんあります。

じぶんファクトリーの「個性の見える化」は、あなた自身のお悩みや、部下
・先輩・チームメイト・同僚に対する関わり方や、形のない様々なモヤモヤを
見える化し、お悩みを一緒に解決していきます

CQパーソナリティ診断・OQ-naviというツールを用いて、CQベーシックアドバイザーという資格を持つ
組織力診断士が、机上の空論をお伝えするのではなく、
貴社の一人ひとりの個性を把握したうえで、しっかり寄り添ったサポートをしています。

【CQ-パーソナリティ診断】
108問の質問に答えるだけ
たった7分でコミュニケーション指数を数値化し、個性を可視化します。
【OQ-Navi】
個性の違いを組織全体で把握
組織づくりに活用
(オプションサービス)

職場でのよくあるお悩み
※写真はイメージ画像を使用しています

社員間のコミュニケーションが上手くいっていない(相談者:経営者)

【経営者のお悩み】

指示をしているつもりの管理職と、指示が伝わっていない部下。
お互いちゃんとやっているつもりなのに、結果、理解しあえていない。

なぜ、そうなるのか原因が分からないため、解決しない。
ただ、「報連相をしっかりしろ!」と言うだけに留まっている。
☟☟
なぜ、報連相ができないのか?
その原因が分からないと解決できません。

個性の見える化は、「誰の責任?」や「誰が悪い?」を見つけるのではなく、なぜこうなるのかという原因が見えるので、納得のいく改善方法が見つかります。

採用してもすぐに辞めてしまう
(相談者:採用担当)

【採用担当者のお悩み】

面接ではなかなか見抜けない個性。適正テストを使っていても、採用の判断基準としてして活用しているだけで、長く続けられる人材か分からない。
☟☟
面接や適正テストで職務適正を見極めることが出来たとしても、人間関係が原因で辞めてしまうケースは少なくありません。

既存社員とうまくやっていける人材か、個性の違いを理解して採用することで離職者を減らすことは可能です。

部下に思いが伝わらない
(相談者:営業部長)

【営業部長のお悩み】

自分の思いが部下に伝わらない。どのように指示をすれば動いてくれるのか。
パワハラ、セクハラなど気にすると、声のかけ方すら分からなくなってくる。
☟☟
ご自身に個性があるように、部下にも個性があります。
個性によって、物事の受け取り方、発信の仕方、行動パターンも皆、さまざまなです。

部下全員に同じように接していても、部下の行動はさまざまです。
これは、あなたと部下の感覚の違いから起きています。
どんな感覚がどれくらい違うのか。それが分ると接し方はおのずと見えてきます。
部下の「やる気スイッチ」をしっかり把握することが重要です。

年齢のギャップで悩んでいる
(相談者:ショップ店長)

【ショップ店長のお悩み】

アルバイトなど、若い従業員がたくさんいます。
年齢が離れているためコミュニケーションが取りづらい。

どのように接して良いのか分からない。
☟☟
コミュニケーションが取りづらいのは、「年齢の差」とは限りません。

年齢が離れていても、コミュニケーションの取りやすい人は存在します。
相手の個性を深く知ることで、年齢に関係なく、コミュニケーションの幅が広がります。

部下が何を考えているのか分からない(相談者:育成担当)

【育成担当のお悩み】

リアクションが薄く、理解しているのかどうかも分からない。
返事はするが、行動しない。
一度で理解できる者と何度教えても理解できない者がいる。

どのように教えれば良いか分からなくなってしまう。

☟☟
まずは、ご自身の個性を把握することで、どのような伝え方をしているかを確認する必要があります。(物事の伝え方も人それぞれ異なります。話し方・表情・言葉の使い方など)

指導される側にも個性があり、同じことを伝えても、人によって伝わり方、受け止め方は異なるため、理解度に差が生じます。

双方を把握することで、相互理解が深まります。

自分は周囲からどのように見えているか知りたい(相談者:経理課女性)

【経理課女性のお悩み】

いつも会話も少なく、毎日パソコンに向かって、同じことを繰り返している日々。
特に変化もなくこのままで良いのかな?

周囲の人は私をどのように見ているのかな?と気になることがある。
今後、自分を変えていくためにも、今の自分を深く知りたい。
☟☟
自分のことは、自分が一番良く知っている。
そう思いがちですが、実は、周囲の人が見るあなたと、自分が思っているあなたはイコールでないことが良くあります。

これらを知ることで、今まで悩んでいた自分に自信が持てたり、今後のなりたい自分を作る大きな指標にもなります。

まずはお試し体験してください
CQパーソナリティ診断を3名様までプレゼント!

ご自身の診断結果をもとに診断の解説と活用事例をお話いたします。
お試しを体験いただくことで、あなた(貴社)の抱える課題にどう活用していくかをイメージすることができ、じっくり検討していただくことができます。
オンライン(ZOOM)のみで受け付けております。
お気軽にご相談ください
【無料】
お試し実施中! 

お申し込み後の流れ

  • お申込みフォームより必要事項を記入
    (お申込み確認後、日時調整のご連絡をさせていただきます)
    日時確定次第、CQパーソナリティ診断のURLをご指定のメールアドレスへお送りいたします
    (スマホまたはPCで108問のアンケートに答えていただきます)所要時間約10分程度です
    前日までに、必ず実施して下さい
  • 当日、実施していただいた個性診断の結果をもとに解説
    個性の見える化を体験いただき、活用事例などのご紹介をさせていただきます

    この機会に、ぜひご自身の個性を可視化してみてください
  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

活用事例                 
 
企業様によって抱えるお悩みは様々です。
まずは、お試しで体験いただき、企業様ごとにあった活用方法やプランをご相談させていただいております。

  • 個人面談代行
    (忙しい上長様に代わり、個人面談を代行いたします)

    面と向かって聞けない事、伝えたいけど言いにくいことなどを上司・部下ともに面談員を介し、理解し合えるきっかけづくりとなります。
  • 1on1相談窓口の設置
    (従業員様の心の相談窓口)

    私たちは、人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることが多くあります。しかし、「この人には言えない」や「言っても仕方がない」と諦めている人がたくさんいます。
    社内で相談できない「ちょっと聞いて、ちょっと教えて」をあなたの個性を知る相談員が対応いたします。
  • 自己理解セミナー開催
    個性を可視化し、CQ-naviの解説をもとにコミュニケーション構造についてお話します。自分を深く知ることで、たくさんの気付きが得られます。
  • チームビルディング
    各部署ごとに組織を見える化します)

    ・リーダーを誰にするか
    ・役割分担はどのようにするか
    ・個性をどのように活かすか etc・・・
    組織づくりをサポートします。
  • 採用
    面接では見えない部分の可視化
    採用前に個性を把握することで、配属や役割、既存社員との感覚の相違、今後の育成計画など事前に把握することができます。
  • 人事顧問契約
    採用から育成、人事配置、コミュニケーションの取り方、個人面談等、組織づくりにおける様々なご相談を一括サポートします。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

お申し込みをまだご検討中の方は
お問い合わせフォームよりご質問等、
お気軽にご連絡ください。

個性を「見える化」するとこんな気づきが得られます
※写真はイメージ画像を使用しています

(人事顧問契約)
組織をつくる上で、個性を把握することは、採用から配属、育成計画、コミュニケーションの取り方、全てのことに絶対的に必要だということを改めて気づきました。
(個人面談)
自分を「見える化」をすることで、普段自分が意識していない行動を知ることができた。自分がどういう時にストレスと感じてしまうのかも教えて貰えて、自分自身の感情をうまくコントロールする方法を知れたのはとても大きな気づきでした。
(1on1相談窓口)
自分には短所だと思っていたことが、視点を変えるだけで、長所にもなるのだと気づくことができ
自信が持てるようになった。
(1on1相談窓口)
勝手な思い込みで、他人を判断していることが、こんなに沢山あるとは気づかなかった。
その思い込みで、勝手に自分がイライラしていたことが分かった。
 (チームビルディング)
個性の違いで、自分の基準と他人の基準がこれほどにまで差があるとは気づかなかった。
思いが伝わらなくて当たりまえ。だからどうすれば良いのかを「見える化」をすることで気づくことが出来た。
「ダメだ!」と判断するのではなく、それぞれの持つ個性をどう活かすか・・・。
とても参考になりました。

(自己理解セミナー)
自分自身を外から見れたようで、とにかく発見、気づきの連続でした。

お申し込みをまだご検討中の方は
お問い合わせフォームよりご質問等、お気軽にご連絡ください。

ご挨拶

野村陽子
(CQコミュニケーションアナリスト/組織力診断士
※一般社団法人組織力診断士協会認定
前職15年以上の法人営業の経験を経て、企業(組織)で働くサラリーマンやOL、店舗スタッフ、店長さん、経営者さん,部長さん、マネージャーさん等々、延べ約5,000人以上の方とたくさんのお話をしてきました。

その中で、皆さんに共通していた悩みが「人」の悩みでした。

「苦手な上司がいる」
「部下と話がかみ合わない」
「嫌いな先輩がいる」
「自分の思いが相手に伝わらない」
「NOと言えない」etc・・・

人の個性は「十人十色」
だから悩みも人それぞれ。

相手のことが理解できない・・・。そんな理由でイライラした経験は誰しもあるかと思います。
相手の事を知る前に、まず、あなたは自分のことをどれだけ理解しているでしょうか・・・。

人は相手との個性の違いのギャップからストレスを感じるのです。
「CQパーソナリティ診断」はコミュニケーション指数を測ることで自分の強み・弱み・発想・行動パターンなど、あなたの知らない自分に気づくことができます。

そして、本当の自分に気づくことで、目に見えないモヤモヤした課題や解決方法がおのずと見えてくるのです。


私は、この個性の見える化を家族や育児、仕事仲間とのコミュニケーションにも活用し、自分の取扱説明書として役立てています。

私自身も人生における様々な出来事(引越・就職・転職・結婚・出産・育児・離婚・病気)を経験し、たくさんのストレスを抱えながら仕事をしていた経験があります。

その自身の経験から、もっと楽しい毎日を送ることができないのか・・・。
特に日本人は、自らストレスを抱え込むを傾向があります。なのに、そんな姿を見せずお仕事を頑張る人が多く、私もそんな一人でした。

そんな頑張り屋さんの皆さんに、自分をもっと好きになり、少しでも楽しく毎日を過ごして欲しい!もっと自分を深く知ってほしいという思いから「CQベーシックアドバイザー」という資格を取得し、CQコミュニケーションアナリストとしてお仕事をはじめました。

また、たくさんの個性の集まりからできる企業(組織)の「人」への課題にもこの手法を取り入れ、組織力診断士という資格を取得し、個々の素晴らしい個性に寄り添った組織づくりのサポートをしています。

「じぶんファクトリー」は、一般社団法人組織力診断士協会に所属し、たくさんの事例から「人」という課題に向き合い、日々研究し活動しております。
 
                                じぶんファクトリー 代表 野村陽子

・CQベーシックアドバイザー取得

・組織力診断士取得
・スポーツメンタルトレーナー取得
・メンタルヘルス・マネジメント取得

お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。